「サンふじ」と「ふじ」リンゴの違いって何?知ってて得する世界三大りんご!?

誰もが食したことがあるリンゴ。中でも、有名なのが品名「ふじ」ではないでしょうか?

 

そんな有名な「ふじ」なのですが、「サンふじ」もありますよね?

 

 

 

では、「サンふじ」と「ふじ」の違いって何なんだろう?

 

 

調べてみると、「有袋栽培」「無袋栽培」の違いでした。

 

従って「サン」が付くと、袋をかけずに栽培した事を意味するようです。キッカケは元々、病害虫から果実を守るために袋かけを始めたこと。しかし現在は、着色と貯蔵性向上のために主に行われているようです。

 

例外的に、無袋栽培率の高い品種(紅玉、つがる、昴林など)や青りんご(王林、きおう、トキなど)は、無袋栽培の場合でも、「サン」をつけずに呼ぶ事が主流で、無袋栽培と有袋栽培を区別する時に、特に無袋栽培のりんごに「サン」をつけるとされています。

 

スポンサーリンク
 

この「サン」と言う言葉は、太陽から用いられているようで、太陽を浴びたリンゴという事だろう。

 

 

味は?

 

有袋栽培は、無袋栽培に比べて食味が劣る。

やはり、太陽の光を浴びて育った「サンふじ」は、甘みが強い

 

 

一方「ふじ」は、味は劣るが見た目の綺麗さは上だ。

 

 

味の「サンふじ」、見た目の「ふじ」と言ったところだろう。

 

 

 

違いが解りたい方は、一度両方買って食べ比べしてみるといいでしょう。

甘みに大きな違いが出てくると思います。(個人的)

 

 

ちょっと雑談<豆知識>

 

世界史の三大リンゴって何でしょう?

 

正解は、

 

「アダムとイブのりんご」

 

「二つ目はニュートンのりんご」

 

「アップル(PCメーカー)」

 

だそうです(笑)知ってましたか??

 

 

これは、意外に知らない人多いのでためになるのでは?(笑)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , パーマリンク