妊婦の飲酒が赤ちゃんに与える影響は?米国小児科学会が勧告へ!?

 

さて皆さん、妊婦が飲酒やタバコを控えるように言われているは、ご存じですよね?

 

 

各国が、妊婦に飲酒を慎むよう呼びかけている。また一部、英国とイタリアでは、もし飲む場合は週に1~2回、1杯程度にとどめるようにと勧告している。

 

 

そんな中アメリカ(米国)の小児科学会が、この妊婦の飲酒について報告書を作成。

 

 

内容は、「アルコールは一切飲んではいけない。たとえ少量であっても絶対にダメ」と呼びかける内容だったようだ。

 

スポンサーリンク
 

調査によると、女性の妊娠中どの段階(何週目)であっても安全とみなす事が出来ないと強く呼びかけ、飲酒をしなければ生後のさまざまな障害のリスクを予防できると発表したようです。

 

 

では、妊婦の飲酒が原因で赤ちゃんに与える影響とは何が挙げられるのだろう?

 

小児科学会の見解では、妊婦が1日に1杯飲んだだけでも生まれてくる子どもが、聴覚・視覚・心臓・骨・腎臓などに問題が生じる可能性があるとして、更に情報処理能力などの問題や、注意欠陥多動性障害(ADHD)など、さまざまな発達障害の原因になる可能性もあるとしている。

 

 

ただ、あくまでも可能性があるとのことなので可能性はあるが、何かの病気になるのか?と言われればそうではないと、言われています。

 

 

ですが、研究結果で妊娠3カ月目の妊婦さんが飲酒した女性から障害が生じる疾患や障害が生じる可能性は、飲酒しなかった女性の子どもに比べて約12倍。更に、妊娠6カ月目までになると61倍!?驚きなのが9カ月の妊娠期間を通じて飲酒した場合は65倍にまで高まるとみられています。

 

やはり、健康で元気な我が子を産みたいのであれば、小児科学会の言う禁酒するのが最善の策ではないでしょうか??

 

 

毎日飲む方、飲まない方おられるかと思いますが極力アルコール系を摂取するのは遠慮したほうが良いのではないかと思います。

 

 

ただ、あくまでも飲酒(アルコール類他)の体内の分解力には個人差がありますので、全ての方に言える事ではないので注意しておいてください。

 

 

これから先の未来、日本の人口が増えていく事を願いつつ、現在妊娠中の方々のご健康を願い無事に元気な赤ちゃんを出産されることを願っております。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , , パーマリンク