大塚善章はどんな人物?ただのお年寄りではない、実は世界最高齢バンドだった!?

大人気番組「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」の「日本列島名前の旅」と言うコーナーで、

 

今回の名前の旅は「大塚さん」。スタッフが全国を調べ上げ、発見した知られざるスゴ〜イ大塚さんを紹介している。

 

 

実は、今回紹介されている「大塚さん」は、とっても凄い方なので調べてみました。

 

 

名前 大塚善章(おおつかぜんしょう)

生年月日 1934年2月15日(81歳)

出身地 大阪市天王寺区

職業 ジャズ・ピアニスト/関西ジャズ協会

学歴 関西大学

 

スポンサーリンク
 

 

大塚善章とはどんな人物だろう?

 

 

調べてみてビックリ!?なんと、ギネス記録保持者だったんです!!

 

日本最高齢バンドはもちろんの事、世界最高齢バンドとして活躍されているようなんです。

 

 

グループ名は「ゴールデンシニアトリオ」。

 

メンバーは、89歳の鍋島直昶(ヴィブラフォン)、、8歳の大塚善章さん(ピアノ)、78歳の宮本直介さん(ベース)の合計3人のトリオ。

 

結成は2008年9月、既にバンドを組んでから7年間、プロとしての音楽活動を行なってきていいると考えられますね。

 

 

また、ネット上の一部でギネス記録は意外に簡単に獲れるのでは?と思われている方多いかもしれないが、そうではない。

 

 

今回の認定についてギネスワールドレコーズは、彼らの記録をOldest Band 最高齢のバンドとして認定し、公式認定員の石川佳織が認定証を授与。 とにかくこの記録が凄いの点は、単に世界最高齢のジャズ・バンドというのではなく、また世界最高齢のロック・バンドという訳でもなく、あらゆる音楽において世界最高齢のバンドという点です。

 

詳しく説明すると、最低でもアルバム1枚を販売して、過去5年間に45分以上のコンサートを20回以上行なっていることなど、要するにプロフェッショナルであることが必要である事が室用のようなんです。

 

 

どうです?想像しただけでもかなり大変な条件だということが解るのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク
 

しかし、このお三方のように歳をとられても魅力あふれる人になれることは、とても素晴らしい。また、音楽は脳のトレーニングになるとも言われており、この3人を見ていると納得してしまう。やはり、平均年齢80歳くらいと高齢者でありながら、これだけの演奏出来るのですから。

 

 

まだ、ゴールデンシニアトリオを知らない皆さん、真剣に演奏するお三方の演奏を観てみて下さい。きっとこんな第二の人生もイイな、と感じさせられますよ。

 

 

これからも、素敵な演奏を世に奏でてくれることを期待いたしましょう🎶

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク