水素自動車TOYOTA「MIRAI(みらい)」の魅力は?価格・減税はある?納期は?

 

TOYOTA(トヨタ)より、2014年12月15日から、 トヨタ・トヨペット各店で販売が開始された、

 

新型燃料電池自動車(水素自動車)

「MIRAI(みらい)」

 

まだ、公道見かけた方は少ないのではないだろうか?

 

なぜだろう?

 

大きな理由は、“手作り”だと言う点だと考えられます。

車の製造は機械任せで、流れ作業と思われている方多いだろうが、この車MIRAIは生産ラインは無く、量産体制はまだこれからと言ったところではないかと。

 

工場によっては、一日3台製造がいっぱいと言う状況なんだとか。

 

そのような点から考えても、受注が多くても納期に時間が掛かると予想できる。

 

では、MIRAIの魅力とは

 

やはり、最大の魅力は「燃料」だと思う。

世間一般的にエコカーとして、
浸透しているTOYOTAプリウス。

しかしプリウスは、

「燃料(ガソリン)」+「電気」を両立させ、燃費の向上を実現しているのは知っていますよね?

 

一方、MIRAIは「水素」の力で走る、
究極のエコカー

走る「水素発電機」とでも呼んでおこう。

 

 

次に「走り・加速」。

 

これは、皆さんも気になるところではないでしょうか?

 

しかし、試乗してみると分かるのだが加速は速い。それでもって、走りはプリウスのような感覚。

 

スポーツカーのような車が好みの方には物足りないかもしれないが、普通の車で良いと思う方なら是非お勧めしたい。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

他にも、コストパフォーマンスが良い点。

 

10年くらい前は、MIRAIのような「燃料電池車」の価格は○億円、安くなってもウン千万円と言われていた。

 

しかし、このMIRAIの標準価格は、

平均で700万円あたり。

 

えっ!?高いじゃんっ。

 

と思われている方いるでしょうが、様々な減税があるので心配なく。

 

まずは、購入補助金が202万円くらいで、

グリーンカー税制やエコカー減税も活用すれば、

実際の支払い価格は500万円程度になると思われます。

 

 

プリウスと比較すると少々高めだが、燃料(ガソリン)を使用しない分、得すると考えられる。

※MIRAIは水素が燃料。

 

また、リッターℓ28kmくらいと言われており、一回の水素満タンで500kmは走行可能だそうです。

 

 

これだけの魅力を持ちながら、外観にもこだわりまさに“未来の車”。

 

車の新時代を予感させる1台だと言えそうですね。

 

世界的大手自動車メーカーもTOYOTAの発表以降、非常に力を入れているようなどで、今後の自動車に注目しておきましょう。

 

 

もし、乗り換えを検討する方がおられるのなら、一度お近くのトヨペット各店で実車を確認されてみて下さい。

 

 

気になるのが納期なのですが、

現段階では注文して、

早くて2~3カ月は見込んでいた方が無難だと思います。

 

 

これから先の未来、車はどんな風に変わっていくのでしょうか・・・

 

楽天

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , , パーマリンク