2015秋台風21号の進路・上陸の可能性は?いつ頃接近?秋雨前線の影響は?

ここ最近の台風といえば、

日本に甚大な被害をあたえている。

 

そんな中23日、台風21号がサイパン・マリアナ諸島の西で発生したと発表された。

 

 

もう台風は・・・と思われる方多いだろう。

 

 

いつ頃接近する?

 

この台風21号が最も接近するのが、

今週末~来週初め(28~30日)と予想されている。

 

 

進路は現時点で言うと、本州の南海上を通過する可能性がやや高いが、

偏西風があまり南下していなければ、

本州付近に近づく可能性があり、

関東など東日本に上陸・接近する恐れもあるようです。

 

 

上陸の可能性は、低いと言われているが念のため対策をしておくと良いだろう。

 

スポンサーリンク
 

 

気象庁も、秋台風について予想が難しいようです。

その原因として言われているのが、

日本付近の上空で、強い西風(偏西風)が吹いているためだとされている。

そのため、秋台風は急カーブ・急加速しやすくなります。

 

 

そう言われると、予想を的確に当てるのは難しいと誰もがわかる。

 

 

また今回の台風21号、最も注意してほしいのが、

 

 

 

なぜか?

 

それは、秋雨前線

これが一番注意しなければならない点。

台風21号が接近する前くらいから、

本州付近で秋雨前線が復活すると予報されているからです。

 

 

そうなると、もし台風が本州の近くを通るとしても、

油断できない状況になると言う事です。

 

 

今日・明日あたりから、秋雨前線の影響で全国的に雨となるため、

これに台風が重なると大規模な水害が起こるとも限らない。

 

 

 

現在は、静かな日常ではあるが、

この時間を有効に使い、台風のような自然災害への対策をされるといいのではないでしょうか?

 

 

「自分のところは大丈夫。」

 

そう思われている方いませんか?

 

自然災害に大丈夫と言うような事はありません。

少しでも、いいので何か行動して置いてください。

 

今回発生した秋台風21号は、上陸の可能性は低いが、

接近する可能性は高そうなので、特に大雨に警戒が必要かと思います。

 

時が来てからじゃ遅いんです。早めの対策を。

 

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク