タトゥー(入れ墨)隠しのシールとは!?どこで買える・日本人の評価は??

 

最近では、若年層を中心に「ファッション」の、

一部として考えられていると言っても過言ではない「タトゥー」。

 

 

ひと昔前までは、タトゥーとは言わず「入れ墨」と言われていましたよね。

 

入れ墨と聞くと、世間一般的に「悪い」「恐い」などと思われがち。

確かに、昔はそうだったかもしれないが現代の入れ墨(タトゥー)は違うと思われる。

 

 

背中一面に墨を入れるのではなく、

腕や肩など一部分にワンポイントだけ入れたりとさまざま。

 

スポンサーリンク

 

しかし、ワンポイントでも「入れ墨」は入れ墨と温泉施設などに行くと、

必ず入浴NGとなってしまうのです。

 

 

そんな中、徐々に浸透しつつあるのが「入れ墨隠しシール」。

タトゥーカバーシール、

タトゥーカバーステッカー、

ファンデーションシールなどと呼ばれるシール。

 

楽天リンク

このシールの魅力は、肌と同じ色の粘着力が強い耐水性のあるシールだという。

 

 

購入したいけど、どこに売っているのか??

 

わからない方の為に、書いておきます。

 

有名どころで言うと、

ドン・キホーテやヴィレッジヴァンガード

 

店頭で買うのが面倒な方は、ネットで購入するのが早いでしょう(^^)

 

スポンサーリンク
 

 

このシール、これから更にヒットする可能性がある。

日本人の評価はと言うと、タトゥーを入れている人はもちろん、

温泉施設やプール関連の施設からも好評のようです。

 

 

その背景には、外国人観光客の激増があるようです。

また、2020年に開催される東京オリンピックの年には、

2500万人超の外国人観光客が日本を訪れると予想されている。

 

 

そう考えると、海外でのタトゥー事情も合わせておく必要があるだろう。

なんせ、2500万人!?と言う観光客は、

様々な施設からも見逃せないお客さんだろう。

 

 

観光庁の調べによると、

外国人が日本を訪れるにあたり期待していることについて、

「日本食を食べること」が69.0%と最も多いが、

「温泉入浴」も28.7%と非常に人気が高いものとなっている模様。

 

 

これまでの、タトゥー(入れ墨)の日本人の考えを変え、

このチャンスを生かし、日本経済を活性化していただきたいものです。

 

 

皆さんは、タトゥーに対してどう思われますか??

海外のように、ファッションや自分を表すためと、

ワンポイントアイテム的な考えにし、

 

入れ墨に対してのイメージを変えるべきだと個人的に、

考えている。

 

 

ただし、もしこれからタトゥーを入れようと思われる方おりましたら、

ご自身でよく考えて入れられることをおすすめ致します。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , パーマリンク