台風15号、九州・福岡に6年ぶりとなる上陸!!暴風に警戒が必要!!

非常に強い台風15号は、勢力を保ったまま九州を通過のようだ。

 

 

九州の中でも、台風がなぜか直撃しない福岡にも、

2007年8月の台風5号以来の上陸となりそうだ。

 

 

この時の被害は、暴風での被害より、

大雨による洪水・冠水などの方が深刻だったのは、

覚えているだろうか??

 

スポンサーリンク
 

 

しかし、今回の15号は暴風に注意しなければならない!!

 

この台風の最大瞬間風速は70メートル超と、

日本国内では、20年ぶりとなる猛烈な威力を持っている。

 

風速70メートルの威力とは?

 

少しわかりやすく言うと、

最大瞬間風速70m/sは、
時速に換算すると250km/hになります。

 

例えると、新幹線並みのスピード。
新幹線がぶつかってくるとどうなります??

 

間違い無く、木・鉄柱・車・建物、あらゆるものが被害を受けます。

もちろん、人は歩くことさえ困難。

 

それほど、風速70メートルは恐ろしいんです。

 

 

このため、24日時点で電車・バス・飛行機、

ほぼ全ての交通機関が運行を見合わせていた。

 

上陸した石垣島では、その強さを物語るような被害がでている。

猛烈な風にあおられ、ひっくり返った車。

駐車場の車は植え込みに乗り上げ、

中には裏返しになりフェンスにもたれかかった車。

 

電柱がなぎ倒されたりと、その破壊力を見せつけている。

 

スポンサーリンク
 

 

 

24日には、沖縄に最も接近し那覇市では信号機や木を根元から折り、

海では満潮時期が重なり、船が転覆や陸に乗り上げる被害がでている。

 

 

非常に警戒が必要な台風15号は25日の丸一日をかけ、

ゆっくり九州を横断する進路をたどっているため、

九州の方々は、出来る限りの対策をとり、

極力、台風が過ぎ去るまでは外出を控えた方がいいと思います。

 

 

大事なのは、一人一人の考え方。

このような天気の時に遊び半分で外出し、

被害に遭われる方は少なからず居るのが事実。

 

お仕事の方は、仕方ありませんが絶対に試しに外に出ようなんて、

考えないようにしましょう!!

 

 

自然の力には、人と言う力なんて通用しないですから(‘ω’)

 

 

非常に強い台風15号が、

最小限の被害で通過していってくれることを願っております。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 気象情報 タグ: , , パーマリンク