レクサス「LX」が国内販売へ!?大幅改良したLXの納車時期・価格・魅力は??

2015年8月20日にトヨタ自動車は、

 

高級車ブランドレクサスのフラッグシップSUV

「レクサスLX」

 

を国内市場に初導入することを発表。

 

すでに、海外では販売されていたLXが、

いよいよ日本にお目見えだ!!

 

それに先駆けレクサスLXは、

フロントフェイスのスピンドルグリルを一体デザインにするなど、

外観変更を含めた大幅な改良を発表したばかり。

 

したがって、2015年9月14日から、

国内販売を始めるのはこの大幅改良モデルになる。

 

価格は、税込み価格は1100万円くらいらしい。

 

国内でよく見かける大人気車種、

「レクサスRX」・「レクサスNX」

このSUV車の頂点に君臨するであろう「レクサスLX」

 

スポンサーリンク





 

実物をみると、とてつもない存在感を放っていました(汗)

 

 

※なお、米国ではRXとLXの中間に位置する「レクサスGX」もあるんです。

 

LXは、オプションなどを装備していくと、
千数百万円になるようで、レクサスLSと並び最上級車となりそうです。

 

 

そんなLXの魅力はどこだろう??

 

 

レクサスLXには「世界初」(同社)とする機能が搭載されている。

それは、空調システム

「レクサス クライメイト コンシェルジュ」において、

オートエアコン・ステアリングヒーター・運転席・助手席・セカンドシート

のシートヒーター・シートベンチレーションの各機能を一括して連動・作動させる、

 

「クライメイトコンシェルジュスイッチ」。

 

 

他にも、

 

運転支援システム

「LEXUS SAFETY SYSTEM+」

「マルチテレインモニター」・「アンダーフロアビュー」

などがある。

 

 

LXは、TOYOTAの「ランドクルーザー」のレクサス版と言われているが、

外観・装備名称が違うが装備自体は、ほぼ同じのようです。

 

 

ただ、カーナビゲーションシステムのディスプレイのサイズが異なっています。

 

LXが12.3インチに対し、ランクルが9インチとなっている模様。

なお、リヤシートエンターテイメントシステムの、

ディスプレイサイズは共通で、11.6インチとなっている。

 

スポンサーリンク





 

納車時期については、

未定だが恐らく3か月くらいは最短でもかかるのでは??

 

 

個人的にはなるが理由として、

国内割り当て台数が極端に少なく、

来年2016年3月までのディーラー当たりの割り当てが、

6台程度みたいだからです。

 

 

メーカーは、「売りたい」と言うより一部のユーザー向けに、

販売開始すると言った方がいいのかもしれませんね。

 

 

2015年の年内に、果たして何台のレクサスLXを、

公道で見かけるのでしょうか??

 

 

皆さんは、高級車に興味はありますか??

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

スポンサーリンク





LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , , パーマリンク