未来の作家の架け橋か!?週刊少年サンデーが新人作家を育成優先へ!!

小学館のマンガ誌「週刊少年サンデー」が、

編集方針に切り替える異例の宣言文を、

19日発売の同誌38号に掲載しました。

方針的には、生え抜き新人作家の育成を優先するとしている。

 

スポンサーリンク
 

 

<宣言文>

「読者の皆様へ」と題して、新人作家の育成に力を注ぐとし、

今年の7月にチームの再編を敢行し、

編集方針に反する行動を取る編集部員は編集部から去ってもらうと断言した。

一方で「中堅・ベテラン作家さんの力も絶対に必要

伝統と革新の絶妙なバランスこそが雑誌の『雑』の部分を、

魅力的に形成する原動力と僕は確認しています」

 

この宣言文をつづった方は、新編集長の市原武法さん。

7年ぶりに編集部に復帰されました。

 

また、今後の「週刊少年サンデー」の掲載作の決定について、

次のように述べている。

 

「編集長である僕がただ一人で行います。」

「僕の独断と偏見と美意識がすべてです」

「今後の少年サンデーの運命の責任は僕一人が背負う覚悟の表明でもあります」

 

と言い切り、とても強い意志を感じさせます。

 

 

なぜ、ここまで強く言えるのか??

 

それは、09年の月刊少年マンガ誌「ゲッサン」創刊時から編集長代理として活躍。

ドラマ化された「信長協奏曲」などを世に送り出した人物である。

 

他にも、「タッチ」の26年後の世界を舞台にした、
(あだち充さん)の「MIX」なども話題になったが、

 

特に「信長協奏曲」の作者・石井あゆみさんは、
当時新人だったため掲載に関してかなりの反発があったようだが、
周囲の反対を押し切って連載し、
同誌の看板作品に育て上げた経歴を持つ。

 

 

それだけに、自身の成功理念を持たれているのかもしれないですね。

 

 

近年、出版不況ともいわれ発行部数(日本雑誌協会調べ)によると、

2008年は約89万部あったのだが、

2015年6月は約39万部と、かなり落ち込んでいるようだ。

 

 

果たして救世主となるのでしょうか!?

 

スポンサーリンク
 

 

<まとめ>

 

今回の件、作家・漫画家などを目指している方々にとっては、
まさに大チャンスなのではないだろうか??

 

ここまで宣言している以上、

確実に新人作家の連載を推進していると思われる。

 

集英社の「週刊少年ジャンプ」、

講談社の「週刊少年マガジン」、

と並ぶ三大少年マンガ誌の「週刊少年サンデー」に、

掲載・連載されると、それだけで大ヒットの予感。

 

もし、あなたが作家・漫画家を目指しているのなら、

このチャンスを見逃してはいけませんよ!!

 

未来の有名作家が誕生するかもしれない「週刊少年サンデー」

期待いたしましょう🎶

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , パーマリンク