通販大手のニッセンが大規模リストラか!?早期退職募る!!

17日、通販大手のニッセンホールディングスは、

全社員(同社と傘下の通販事業会社ニッセン)の、

約17%に当たる計120人の早期退職を募るとの発表をした。

 

スポンサーリンク

 

なぜ、ここまでの大規模な人員整理をしなければならなかったのか?

 

理由は2014年12月期決算で、2期連続の税引き後赤字となるなど

業績不振に陥っているためだと思われる。

 

 

これを直ちに改善しようと、

不採算が続いている独自ブランドのベッドなど大型家具を扱う事業から撤退し、

さらに、関連の配送センターを売却するなどの経営合理化策も発表している。

 

 

東証1部上場企業である、

「ニッセンホールディングス」は赤字脱却出来るのだろうか?

 

 

現在2015年12月期連結決算で、

希望退職に関する費用約8億円(退職金等)など、

経営合理化に伴う費用計約57億円を特別損失として計上する見込み。

このため、2015年12月期の税引き後の利益は、

2月時点の予想の54億円の赤字から119億円の大幅な赤字になるようです。

 

スポンサーリンク
 

 

話は戻るが、

全従業員を対象に9月下旬から10月上旬に早期退職者を募集すとしている。

 

なお、退職予定日は10月末予定。

これによる、人件費の削減効果は年間約9億円と見込んでいると言う。

 

 

<まとめ>

しかし、17日政府は「景気回復傾向にある」と予想されており、

非常に矛盾しているように思える。

 

GDP(国内総生産)-1.6%となっている。

 

一部大手企業は、賃金アップしているようだが、

全体でみると、ほとんど変っていないのが現状。

 

物価は確かに上がっているが、物価が上がるだけで

個人収入は変わっていないことから、消費の落ち込みは続いている。

 

そんな中、今回のニッセンの大幅改善策。

企業・政府は、一生懸命に働く方々が、安心して生活できる環境を整えてほしいものです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , パーマリンク