チャリティーマラソンDAIGOは「100km」完走できるのか!?

日本テレビ系毎夏恒例『24時間テレビ38』(22日、23日)

 

今回のチャリティーマラソンランナーを務める、バンド歌手でタレントのDAIGOさんの、走行距離が「100キロ」に決定しました!!

 

このほど公開練習後行われた取材で発表された。

 

DAIGOは、「ロック(ミュージシャン)なんで69キロとか勝手に考えてました」と考えていたようですが、24時間マラソンの定番トレーナー坂本雄次氏から走行距離が書かれたメモを受け取ると「なるほど…」

と一言。

 

スポンサーリンク

 

 

「YSKですね。やっぱり、そう来たかっ」と、いつもの言葉で心境を語り、報道陣の笑いを誘っていた。

 

 

走行距離については、DAIGOの体力・身体の個性と、当日の気象・制限時間などを考慮した結果の100kmになっている。

 

 

100km走者となるDAIGOさんは楽しみ以上に不安がある中コメントで、

「でもやっと走る距離がわかったので、残り2週間は(100キロ走るんだ)という意識で練習に臨めるし、この100キロという距離をしっかりと受け止めて、気を引き締めて頑張っていきたい」と意気込みを語った。

 

 

オファー当初は、なんと!?3キロしか走れなかったDAIGO。

 

オファー後、練習を積み重ね現在は30kmを走れるようにまでなっていると言う。

とはいえ、まだ30km本番では約3倍の100kmとなるので、残り2週間が大事になってくる。

 

「何が何でもゴールしたいっ」

 

スポンサーリンク
 

 

 

と宣言しており、気合いの入り方は申し分ないようです(^◇^)

 

 

 

しかしながら、100kmというのは簡単ではないのが現状。

それにつけ、この猛暑。

 

体力も必要だが、精神力の方も非常に重要となりそうです。

マラソンに限らず、「走る」と言う運動(スポーツ)は個人(自身)との闘いと私は考えているので走っている時「なんで?走っているんだろう?」と考えてみたり、ホントに孤独感を感じたりするんです。

 

 

そこで、モチベーションが下がってしまうと確実にペースダウンし制限時間での感想は厳しくなっていくものと思われる。

 

 

自分の限界が来た時に、どう自分と向き合って超えていくのかが大事。

 

DAIGOさんは、この24時間チャリティーマラソンで確実に進化を遂げることになると思いませんか??

 

 

残りわずかな練習期間ではありますが、ぜひ番組放送内での完走を達成してもらい、進化を遂げた姿を見せてもらいましょう🎶

 

 

DAIGOさんの今後に注目いたしましょう✨

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク
 

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: エンタメ タグ: , , , パーマリンク