ドラムを叩きながら歌うシシド・カフカが美人すぎる!?前髪が特徴的!

モデルや女優として活躍の場を広げている、

 

シシド・カフカ


楽天リンク

 

プロフィール

本名  宍戸佑名(ししどゆうな)

生年月日  1985年6月23日

身長 175cm

出身地 メキシコ

所属 インペリアルレコード

特技 ピアノ/バイオリン/書道

 

 

彼女の歌うスタイルが世界を魅了している!!

 

なんと、ドラムを叩きながら歌うんです!!!

 

 

世間一般的には、ドラムは叩くことに専念しているイメージがあると思うんです。
ドラムは、色々な楽器が組み合わさっているため、叩くだけでも一苦労(汗)

 

では、なぜ現在の叩いて歌うスタイルになったのだろう??
調べてみた。

 

ドラムを始めたのは14歳。

キッカケは、両親からプレゼントされたサイレントドラム。

当時は、アルゼンチンで生活をされています。

その後、日本に戻ってきたシシドさんは、バンド活動を開始。

 

大学時代には、

 

なんとっ!?

 

8つのバンドを掛け持ちしてたらしい”( ゚Д゚)”

 

 

やばっ

 

 

そして、19歳のとき「THE NEWS」の三代目ドラマーに加入したことで本格的にプロドラマーとしての活動を開始。

 

この「THE NEWS」には4年間在籍し、
そこでバンドマンとしてのいろはを叩き込まれたと語っている。

 

20歳のときには、一度ドラマーではなくボーカリストとしてデビューを目指しましたがうまく行かなかった。。。

(アルバイトをしながらの生活が何年も続いたそうです。)

 

 

そんな日々を送っていたある日、

 

「ドラム叩きながら歌ってみれば?」と提案される。

 

すると、これが意外にしっくりきたらしい。

 

これが、叩いて歌うスタイルの原点。

 

このパフォーマンスが音楽業界の目に留まり27歳でデビューを果たす。(#^.^#)

 

見た目とは裏腹に、遅咲きの苦労人なんです実は….

 

 

スポンサーリンク

 

 

見た目は、そのスタイル・顔立ちからハーフに見られているんですが、

両親は日本人です。つまり、日本人なんです!!

 

その美貌をいかし、女優にも今年初挑戦しています。

沢尻エリカ主演のドラマ「ファーストクラス」で、

前作で菜々緒が好演した変人悪女・川島レミ絵すら頭が上がらない猟奇的な姉でデザイナー役を演じている。

 

この役のハマリっぷりに、「初挑戦とは思えない」などの、

 

賞賛(しょうさん)の声が嵐のように上がっております(^◇^)

 

さらに、個性的なヘアスタイルの彼女の前髪を憧れている女性も多いそうです。

 

シシドさんの顔が、女優の栗山千明さんに似ている!?
と話題になっていますよね!!


楽天リンク

ふむ(‘ω’)

確かにお二人ともシャープな顔立ちといい、髪型といい非常によく似ていますよね!?

よーするに、美人ってことですよ!!(笑)

 

遅咲きのシシドさんではあるが、今後色々な分野での活躍が期待できそう(^O^)

 

 

最後にちょっと余談なんですけど、「シシド・カフカ」の由来を説明しておきます。

 

「シシド」については、まんまです。

 

「カフカ」とは、チェコ語で「コクマルガラス」というカラスの一種を示す。

 

シシドさんが頻繁に黒い服を着ていた事から、カラスのイメージがあったらしく、そこからカフカを付けて、シシド・カフカが誕生したんです!!

 

名付け親は、コピーライターの渡辺潤平さん。シシドさんから、お願いしたそうです。

 

今後ますます光り輝いていく、
シシド・カフカさんの今後に期待しましょー!!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・芸能 タグ: , , パーマリンク