サミット開催地の「賢島」ってどこ??どんな島!?

2016年に開かれる主要国首脳会議(サミット)

開催地が、三重県の志摩市に決定しました!!

(日本が議長国。)

 

そこで、気になるのが場所ではないだろうか?

それが、

 

「賢島」(かしこじま)

 

という島。ちょっと説明致します⇓⇓⇓

 

賢島の由来

古くは江戸時代、当時の農民が干潮の時、本州から歩いて島に渡れたため、「かちこえ島」と言われていた。

(徒歩を当時、「かち」と言っていた)

その「かちこえ島」が時代と共に、「かしこ山」➡「かしこ島」と変わり現在の名になったとされる。

 

この島は、1929年(昭和4年)に志摩電気鉄道(現・近鉄志摩線)が開通するまで、島内は松林と水田が見られる程度の無人島だったんです。

 

この鉄道開通により、徐々に観光地化が進み、

現在では志摩地域の観光拠点として定着。

年間1260万人もの観光客が訪れる三重県を代表する観光地になっている。
また、

養殖真珠発祥の地

楽天リンク

としても広く知られている島でもある。

 

ホントに綺麗な海(水質)に恵まれており、海産物も豊富。

また、来年で伊勢志摩国立公園が制定され70周年を迎えるこことなり、三重県にとどまらず、日本を代表する観光地としても認められるものと感じている✨

 

今回のサミット会場として有力なのが、

 

「伊勢志摩ホテルクラシック」

 

だと言われています(^^)

 

ここで個人的に感じるのが三重県、特に賢島周辺での経済効果。

サミットの開催地になると、その経済効果は数百億円規模にもなると言われており、非常に商売・ビジネスなどが盛り上がる事間違いない!

 

平成20年に北海道・洞爺湖(とうやこ)で行われたサミットの時の経済効果は約350億円、また世界へのPR効果は約1013億円と発表されています。

 

ヤバくないですか!?

 

これは、伊勢志摩が世界から注目を浴びるってことなんですよね!?

 

ぜひ、開催地でビジネスをやられている方、住んでいる方、ドンドン世界にアピールしてやって下さい!!

 

個人的には、一度行ったことがあるんですが、とにかく海が透き通っていて綺麗なんですよね~

 

そこで食べた伊勢海老を思い出します(笑)

 

まだ、行ったことない方います??

 

もったいない!!

 

今年、旅行を一回でも行く予定の方は、ぜひ案の一つに入れてみて下さい!!

 

たまには、ゆっくり綺麗な海でもみて美味しい魚介類でも食べましょう(#^.^#)

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , パーマリンク