お茶(緑茶)の価格の違いとは!?高い・安いどう違う?一番美味しいのは?

私たちの生活の中で知らない人はいないであろうお茶(緑茶)

 

単に、緑茶といっても価格がピンキリなのはなぜでしょう?
これについて解説していこう。

お茶の値段と言うものは、品質によりかなりの価格差がありますが、
同じ茶期(収穫時期)であれば単位面積当たりの収穫高は高級茶と下級茶ではそれ程差はないです。

 

では、なぜ高級茶と下級茶に分けられる?

 

高級茶の場合は、新芽の小さなうちに摘み取りするので、収量が少ない ですが、その分品質の良いお茶が出来る。

 

 下級茶の場合は、新芽が大きく成長した茶葉を使いますので、収量はずっと多くなりますが、その分品質は劣る。

 

大きな違いが収穫のタイミングという事です。

 

一度は聞いた事ありませんか、「一番茶」?

 

この「番茶」にも、1番.2番.3番.4番茶とある。

これは、茶期を順番を示していて一般的に1~4と価格・品質と下がっていきます。

 

<番茶説明>

1番茶は冬を越して一番最初に芽吹く新芽のお茶ですので、前年の秋から栄養をしっかりと蓄えており、品質の高いお茶。

2番茶は1番茶を摘み取った後45日後に芽吹くお茶で、品質が1番茶より劣ります。

 

<収穫時期>

1番茶の時期は5月の始め頃、

2番茶は6月半ば頃、

4番茶は9月終わり頃。

 

※3番茶は樹勢を保つために行いません。

 

(このように、お茶の木は樹勢が強いため一年に何度も芽吹きます。)

 

価格が高く品質も高いお茶の特徴は、
茶葉の成分で見たとき窒素成分が多く繊維質が少なく、またお茶の甘み成分であるテアニンが多くなる。
お味に関しては、風味が豊かで、雑味が少ないお茶になります。

 

また、価格が安く品質も劣るお茶とは 、
茶葉の成分は窒素成分が少なく、繊維質が多く、
また渋み成分カテキンが多くなる。
お味は、風味が少なくはっきりとしたお味で、渋みなどの雑味が多いお茶と言われています。

 

では、美味しいお茶のライン(価格)などは?

 

世間一般では、800円~(100gあたり)

このあたりが、評価の分岐点になっているようです。

 

ちなみに、私自身は100g(1000円)くらいのものを選んで購入しています(#^.^#)

 

皆さんも一度、飲み比べしてみてはいかがでしょう??

お茶屋さんに行くと、試飲させてもらえますよ~

 

緑茶(お茶)は日本にとって、なじみの深いモノ。是非ご自身に合った、

お茶を見つけられてはいかがですか??

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)/

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Share on GREE
Bookmark this on Digg
Pocket

カテゴリー: 話題・情報 タグ: , , パーマリンク